2015年 09月 27日 ( 2 )

 

新品チェーンの初期伸びはすごいな。

スプロケットとチェーンを替えたばかりでいきなりタンデム&高速ツーリング
確かにちょっと無謀だったかな>と反省しつつ早速チェックしてみたら
やっぱり伸びてた。これが世に言う「チェーンの初期伸び」というやつね。
走行距離は交換後300kmも走ってないけどやっぱりタンデムで名阪国道の登りはキツイ。
で、結果はこんな感じ。目測で上下の振れ幅は…55mmくらいかなぁ。
b0326613_21510437.jpg
トレール車はサスのストロークもけっこうあるし張り過ぎに注意、なのは判ってるんだけど
実は昨日の帰り道、もうすぐ藤井寺と言う時にチェーンの弛みで起こるノイズ、
「ゴウンゴウンゴウンゴウン…」と言うのが聞こえてたのよね。あぁ伸びてきたな、と。

で、チェーングリスをたっぷり塗布してからチェーンアジャスタをひと目盛り後方にずらしてみた。
ビックリするくらい遊びが少なくなった。そうねぇ25mmくらい?
これだとリアサスがフルボトムした時に張り過ぎちゃう可能性もあるんだけど
ダルダルの状態で走るのが生理的に耐えがたいので。
上手い例えが見つからないけど、パンツのゴムが伸びきった状態でマラソンに出るみたいな?
ちょっと違うか、まぁいいや。

ともかくその「ちょっと張り気味」の状態でしばらく大人しく走る事にした。

もうひとつ、高回転を多用して巡行したり上り坂を登り続けたりエンジンに負担を掛けたので
オイルの量もちゃんとチェックしておかないと。案の定ちょっと減ってた。
b0326613_22010415.jpg
先日アッパーレベルちょい下まで注ぎ足したばかり。
セローで高回転キープすると確実にオイルが減りますね。
特に焦げ臭いとか白煙が出るとかそういう症状は、僕は見てないんだけど。
とにかくこのまま放ってはおけないのでまたちょっと注ぎ足しておこう。
(90ccくらいかな)今度もアッパーレベルのちょい下までね。
b0326613_22035582.jpg
オイルも真っ黒だしこうしてちょい足しちょい足ししてるのも限界があるし。
もうちょっと距離が進んだら全部交換しようね。
b0326613_22085360.jpg
やっぱり張り気味のチェーンは走りが気のせいかギクシャクする。
加速の時のリアサスペンションの動き、グーッとトラクションが掛かった時の小さなギャップ。
何かスポイルされているような気がする。気にしすぎかもしれないけど。
b0326613_22111188.jpg
ゆっくりアクセルをあけて徐々に速度を上げていく。シフトアップもスムーズに意識して。
b0326613_22122284.jpg
シリンダーヘッドのサイドカバーからのオイル漏れは確かに先日のOリング交換で止まったけど
やっぱりシリンダー付け根付近からはチビリチビリと漏れてきてる。地面に垂れる程ではない。
そのうち大修理が必要になるのかな?それよりバイクを買い替えた方がいいのかな。
b0326613_22145691.jpg
チェーンの調子を整えるために走り回ってみて10kmほど走行して再チェックすると
さっきの張り気味な感じはやや落ち着いたような、ちょうどいい塩梅になったような気がする。
遊びは30mmくらい。またひと目盛り戻すわけにもいかずこれで走ることに。
だって元に戻したらまたダルダルの遊び60mm近くになっちゃうし。

さ、明日からまた新しい1週間、がんばろう。
_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
__________________________________________________________________________
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。


[PR]

by beach_house_2 | 2015-09-27 22:26 | バイク&クルマ | Comments(0)  

タンデムぷちツーリング 名阪国道上野東~青山高原

お昼に出発してバイクでどこに行こうか…と考えたのですが
タンデム(二人乗り)で高速道路に乗るのが目的みたいなものなので
通行料金も安くて距離的にも往復で200kmちょい、となるとここらへんかな。
と言うわけで本日は「青山高原」を目指して走ることになりました。

西名阪藤井寺ICから入って進路を東へ取ります。
b0326613_00224012.jpg
やっぱり80km/hくらいの巡行で以前との差が歴然です。
ただタンデムだと重量の関係で70km/h以下に落ちてしまうとシフトダウンを余儀なくされます。
今の5速が以前までの6速トップギアに匹敵するので仕方ありません。
b0326613_00251382.jpg
平坦な道で80km/h前後をキープしてるとエンジン音がとても静かなのに驚きます。
あくまで以前に比べて、の話ですが。登り勾配の多い西名阪~名阪国道、
かなり頻繁にシフトダウンをしました。4~5速の出番が多いです。
もともと非力なセロー225、ドライブスプロケット16丁とはこういう事なのです。
つまりノーマル状態の前15、後ろ45と言うのが絶妙なバランスだったんですね。
僕はあえてトップギアでのゆとりが欲しくてこの組み合わせを選んだので後悔はありません。

さて名阪国道 上野サービスエリアで昼食を済ませてもう一度走り出し
上野東出口で降りたところで進路を南に取ります。
最初の目的地「メナード青山高原リゾート」のハーブガーデンを目指します。

途中でこんなかわいい電車を見かけましたよ。
単線で二両編成、忍者のイラストが描かれた、よく見ると松本零士さんの絵に似てますね。
b0326613_00332344.jpg
のどかな景色の中ほとんどが無人駅でなんとものんびりした速度でトコトコ走っていました。
時間があれば端から端までゆっくりこの電車に揺られてみるのもいいですね。
b0326613_00361142.jpg
道はだんだん山道に変わっていきます。
b0326613_00371748.jpg
ゆるやかなカーブが続いてバイクにぴったりです。道沿いに渓流が流れています。
b0326613_00374076.jpg
ほぼ林道?のような狭い道になってきました。有名なリゾートのはずですが・・・?
b0326613_00385158.jpg
ハーブガーデン、今はセージフェスタ開催中!との事でしたが。
えーと・・・。これで入場料金1000円はいかがなものかと。15分で全体を見て回れました。
観るべきものは特に無かったです。時期が早すぎたのでしょうねきっとね。
花が咲いているように見えたのは全体の面積の15%くらい(に感じました)(´;ω;`)
b0326613_00405898.jpg
踵(きびす)を返してもうひとつの目的地、青山高原風力発電を見に行きます。
いったん山を下りてお隣の山にもう一度上る必要があります。頑張れセロー!
かなりRのきつい本格的なワインディングロードを、急傾斜を10km登って頂上に到着。
新品のチェーン&スプロケの初期伸びとか、高回転多用によるオイル消費の増加とか
気になる事は多々ありましたがどうにか登り切ってくれました。

頂上には見晴らしの良い広場があって目の前には大きな風力発電のファンが立ち並んでいます。
b0326613_00490403.jpg
今まで遠くの山の上に小さく見えるのを下から眺めたことはありますが
目の高さで、あるいは見下ろすのは初めてです。
b0326613_00502460.jpg
反対側には伊勢湾の眺望が広がります。て天気の良い日中だったらもっと奇麗でしょう。
b0326613_00484760.jpg
前日に交換したOリング、オイル漏れは今日の(ややハードな)走行でも漏れていないようです。
b0326613_00534155.jpg
オイルレベルが多少下がっていたとしてもそれは漏れたのではなく燃焼したのでしょう。
それにしてもよく走ってくれた、小さなトラブル沢山抱えて20年越えのセロー君。
b0326613_00535970.jpg
帰りの名阪国道、針TRS(ハリテラス)で小休止、たこ焼きを食べてまた走り出します。
b0326613_00551375.jpg
藤井寺ICに着いた時点で本日の走行距離は約220km。
ひたすら60~80km/hでガマンの運転に徹したおかげで燃費は何と過去最高の34.5km/l!
バイクにも車にもブンブン抜かれましたけども…。セローでタンデムなら諦めがつきます。

いつか速いバイクに乗ってもっと楽ちんな高速ツーリングがしたいな。
昔FZ750やV-MAXに乗ってた頃が懐かしい。(´;ω;`)

_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
__________________________________________________________________________
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。


[PR]

by beach_house_2 | 2015-09-27 01:02 | 日記 | Comments(0)