「カプリコン1」を観直す。

宅配DVDレンタルで懐かしの「カプリコン1」を借りてみた。
僕が中3か高1くらいの頃、千葉の映画館「京成ローザ」で観たんだったかな?
確か同級生を無理やり誘って。
人類初の火星有人探査船「カプリコン1」号の物語。
世界中が見守る中、着陸に成功し火星表面を歩く宇宙船乗員の姿がT配信される
ところがこれは精巧に作られたスタジオセットで、宇宙船は火星には行っていなかった
全ての証拠を握る3人の宇宙船パイロットを抹殺しようと政府の陰謀が渦巻く
監禁され、やがて脱走するパイロット、飛行機対ヘリコプター、カーチェイス、etc
果たして全世界を欺いたこの陰謀は公表されるのか?

そもそも月面着陸に成功したアポロ11号の映像が実は捏造ではないかと言う
そんな話が飛び交う中での「ひょっとしてアリかも」的な映画だった。
アポロの捏造説は今でもこのカプリコン1を持ち出して比喩されているけど。

その主題曲が今でも様々なTV番組でBGMとして効果的に使われている。
宇宙船モノや飛行機脱出モノなどの事件の再現ドラマ、奇跡体験アンビリバボー?
コレを聴いて「ははーん」って思う人も少なくないはず。
やっぱり巨匠ジェリー・ゴールドスミスのスコアは凄いな。
今聴いてもワクワクしてしまう。

あと、やっぱり僕が好きなのは同じ巨匠の「カサンドラ・クロス」かな。
これも同じ頃に観た映画だ。サントラレコードも持ってる。
新種のウイルスに感染した乗客が乗っていることを知った政府がその拡大を恐れ
列車ごと隔離し、そしてそのまま乗客全員を事故に見せかけて抹殺しようとする話。
何だか今の時代にも起こりそうな、恐ろしい話だよねぇ…。
数年前にあった中国新幹線の鉄橋事故の時に政府がすぐに車両ごと埋めてしまって
証拠隠滅を謀った事件の時もやっぱりこの映画を思い出しちゃった。

よし、今度はこのDVDを借りてみよう。
いやぁ~ジェリー・ゴールドスミス、本当に凄い巨匠だ。



朝の冷え込みが増してきた。
寒い日のうさんぽで「びーち」を胸元に入れて歩いた時の温かさを思い出す。
お互いにヌクヌクで、お互いに「ふふふ」と笑ってしまうような。
b0326613_22132202.jpg





お前は本当にいいうさぎだったなぁ…。ふふふ。
b0326613_22162371.jpg
ありがとね。ありがと。

_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
__________________________________________________________________________
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。


[PR]

by beach_house_2 | 2014-11-04 22:19 | 映画・テレビ・ラジオ | Comments(4)  

Commented by gonzo-s at 2014-11-05 00:22
あれからあと少しで一年が経つんですね。
時薬とは言ったものの、前ブログを拝見しては
最期の時のお二人の写真に涙します。
私にとってもびーちくんは
大変思い入れのあるうさぎさんでした。

Commented by gonzo-s at 2014-11-05 00:31
↑中途送信すみません。
その後のブログも日々の糧として
楽しみに読ませて頂いてます。
どうかくれぐれもご自愛して下さいね。
Commented by チョコラ at 2014-11-07 00:01 x
またまた癒やされるショット見て、、こちらまで気持ちがほっこりされました。チョコも抱っこされうっとしりした感じが何だか似てて(^^;)
今年の秋、冬は相棒を失った、分だけ寂しさも増しますが可愛がってた思い出、大切に忘れないでいようと思います(^_^)またびーちくんの登場楽しみにしてます!
Commented by beach_house_2 at 2014-11-07 23:34
♪GONZO-S さん
♪チョコラ さん
ありがとうございます。
「びーち」は死んでからも皆さんに愛されて幸せものですね。
これからも当ブログを宜しくお願い致します。

<< 畑にて。 加曽利貝塚(かそりかいづか)に... >>