そのひと言で台無し。

夏になると楽しみなのが恐怖映像とか心霊写真とかのSP番組。
もう最近は創作ビデオ丸出しなのが分かりやすくて辟易してるけど
それでも見てしまう。嘘だと分かってても見てしまう。

今度こそ本当に怖い映像を見せてくれるだろと期待して見てしまう。
そしてまた心底がっかりさせられる、の繰り返し。
b0326613_21460005.jpg
映像がインチキ臭いだけならまだ許せる。
しかしナレーションのどうしようもない「余計なひと言」で全てが台無しに。
例え映像がそこそこよくできたものであっても
「この森に入ったものは誰一人帰ってこなかったと言う・・・」
じゃぁ誰がその見て来た話を伝えてるんだよ!

「この後彼らは次々と不慮の死を遂げたと言う・・・」
そんな連続不審死事件、報道されないわけがないだろ!

「結局、彼とは連絡がとれなくなり今も行方不明だという・・・」
本当に行方不明だったら捜索願いを出せよ!

「今もその池の底に眠っていると言う・・・」
早く警察に遺体を引き上げてもらえよ!

そんなつまらない後日談を付け足すから余計にインチキ臭くなる。
だったら最初からフィクションとして怖い映像を作りましたよ見て下さい。
って言ってくれた方がすんなり見れると言うもの。

僕が好きなのは言いたいことがあっても言えずに死んだひとが
生きてる友人や家族に間接的に思いを伝えて
みんなを感動と悲しみに包んで成仏していくというやつ。
どうせ作り話だったらきれいに作りこんで「作品」として提供してくれよ。
幽霊をことさら恐ろしいもの、おぞましい呪いの権化とするのはいかがなものか。
その過剰な演出があるからこそインチキ臭くなるのでは?と思う。

しかし結局、心霊写真とか恐怖映像とか、本当のホンモノって無いのだろうか?
あるなら是非みてみたいものだがその真偽を確かめる方法を僕は知らない。

7月19日(水)放送の「世界の怖い夜」さてさてどうなることやら。
たのしみ~( ˘ω˘ ) 
__________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。

__________________________________________________________________________
★日本人に伝えたいこと
世界は日本をどう見ているか(オリジナルバージョン)
__________________________________________________________________________


[PR]

by beach_house_2 | 2017-07-17 22:04 | 映画・テレビ・ラジオ | Comments(0)  

<< 夏休み直前の白良浜に行ってみた。 夏のうさぎ。 >>