DVD「遊星からの物体Xファーストコンタクト」を観た。

言うまいとは思っていたがつい、と言うか堪忍袋の織が切れて
辞表を出した本当の理由を上司に話してしまった。
まいいや。辞めたあとで僕について誰が何を言い合おうとも知ったこっちゃない。
もともと陰口、悪口を言われて辟易していたのだもの今更気にしても仕方ない。
二度と同じ場所に戻らなければそれで良いのだから。
完全に退路を断っておけば未練も残さずに済むというもの。



そんな今日の嫌な気分を払拭しようと(?)
DVD「遊星からの物体X(ファーストコンタクト)」を観た。
これはあの有名な「遊星からの物体X」のさらに3日前から前日に至るまでの
「事の始まり」を描いた作品でラストがちゃんと繋がってる。

しかし、明日も朝から仕事だという夜に一人でこんなもん観るんじゃなかった。
いや怖いとか気持ち悪いとか言うのは全然平気なレベルなのだが
狭い空間で誰が「感染」しているのか?お互いに誰も信用出来ないという
なんだか今の職場で起きているいやーな雰囲気によく似てて気分が重くなった。

あぁ、イヤダイヤダ。

でもやっぱりこの本編とも言える「遊星からの物体X」は近日中に観よう。
1982年、僕が大阪に出てきた年に公開された記念すべき?SFホラーだ。

現実世界の僕は誰が敵だとか誰が味方だとか、そんな毎日から逃げ出して
「信じられるのは自分ひとり」と単独脱出することに成功しそうだ。
こうしてまた独りぼっちを選択してしまった自分の不器用さに乾杯。

夏休みの子供達の元気に負けないよう、あしたもお仕事がんばろう。
_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。

__________________________________________________________________________
★日本人に伝えたいこと
世界は日本をどう見ているか(オリジナルバージョン)
__________________________________________________________________________


[PR]

by beach_house_2 | 2018-07-21 23:52 | 映画・テレビ・ラジオ | Comments(0)  

<< DIYというほどでも無いけど。 予定納期のお知らせ >>