2018年 10月 08日 ( 2 )

 

セブンイレブン「サバの味噌煮」

今日こそはと狭井神社 (さいじんじゃ)の御守りとご神水、そして石上神宮の御守りを
箱に詰めて、あらためて手紙を書き直して(ワープロだけど)準備万端。
前回の手紙だとお守りの事しか書いてなかったからね、今日はご神水の説明を追加。

ペットボトルを袋で包んでその上からタオルで2重に巻いて。
御守りと手紙を入れた封筒を閉じてボール紙で保護してペットボトルの横に添えた。
箱のフタをして梱包用テープで厳重に封をして。あとは送り状を印刷するだけ。

今一度パソコンに向かってゆうパック用のWEBゆうプリに入力。
そうねぇ防腐剤無添加の天然ミネラル水だから念のためにチルド便にしよう。
え?200円アップ?まぁいいや。もし水が悪くなってて親父がおなかを壊したら大変。

送り状のプリントを済ませていざ郵便局へ行こうと思ったら・・・・
あれ?封筒に入れたはずの手紙が、目の前に。(+_+)

まただよ。どうしたってんだよ俺はよ。親父の事になるとミスばっかりじゃん。
前回はのりつ速達で送りながら肝心の番地を書いてないからと返送されてきたばかりなのに。
今日は手紙を入れずに御守りだけ入れて封を閉じてしまったというのか。
( 一一)

結構厳重に巻いたテープを慎重に丁寧にはがして蓋を開けてもう一度入れなおした。
午後2時ごろに持って行ったけどどうやら千葉には明日の午前中に届くそうで
今度こそ頼むぜ千葉の郵便局!今日は住所の後に実家の工場の社名も書いといたから
間違いなく届けてくれよな。1410円も送料とられてまた戻って来られたらたまらん。



その後でクルマにガソリンを入れに行こうとしたら道端にうずくまる女の子と
それを囲むようにしている女性二人。(あ、ナオちゃん(仮名)だ!)
僕が以前所属していた施設の利用者さんでお話ができない女の子。
ガイドヘルパーさんをいつも二人従えて歩いているが座り込んだらテコでも動かない。
(あぁ大変だな、どのくらいの時間座ってるのかなぁ}そう思って通り過ぎた。

ガソリンスタンドで満タンにして、さぁ家に帰ろうと思ったが
どうにも先ほどのナオちゃんが気に掛かる。
時間的にそろそろ自宅の手前あたりまで到達していなければならない頃だが
彼女のおうちまではあそこから普通に歩いても5分以上かかる。
もしまだあの場所に居たらタイムオーバーになってしまって厄介だ。

気になったらどうしようもなくてさっきとなじ道を引き返してみた。
(どうかもう居ませんように)そう祈りながら・・・
でも彼女たち三人は15分ほど前と全く同じ場所で座り込んでいた。
先輩格であろう年配のガイドヘルパーさんが携帯で電話中。
若い方のヘルパーさんは座り込んで必死にナオちゃんを説得中。
そんな光景に僕は思わず車を路肩に停めて声を掛けた。
(本当は良くないんだけど)

「ナオちゃんですね、座っちゃいましたね」とヘルパーさんに声を掛け
僕はしゃがみこんだナオちゃんの前に立って両手を軽く握り
「ナオちゃん、行くよ。おうちに帰るよ、はい」と言って斜め上に引き上げた。
するとナオちゃんは自分の足でスクッと立ち上がりそのまま前へ歩き始めた。
その勢いのまま僕は年配のヘルパーさんと交代して手を引いてもらって終了。

「すみません!ありがとうございました!」と何度も手を合わされて。

でも本当は余計なことをしちゃったんだろうな。放っておくべきだったな。

施設内でもよく座り込んで僕の先輩にあたる女性職員さんたちを困らせていた。
僕が手を引くとすっと簡単に歩き出す事からよく嫌味を言われたものだ。
「べーさんは怖いからナオちゃんも逆らわないのよ」
「やっぱりチカラのある男性には敵わないわ」
「いやらしいわ!ナオちゃん、オトコの人が好きなんやわ」

違います。あなたの立ち位置がナオちゃんの膝に近すぎて立てないんです。
人間は立ち上がる時には前方に余裕が必要なんです。
「もう!また座り込んで困ったわー。勘弁してほしいわ」なんて言うからです。
ナオちゃんはお話はできないけどちゃんと僕らの言葉は理解できてます。

座り込むには理由があります。何かスイッチが有ったはずです。
それを無視してすぐさま立たせようとしないで一呼吸待ってから
「いいよーナオちゃん、ちょっと休憩ね」くらいに大目に見てあげて。

彼女が立ちやすい方向から無理なく手を引いて優しく声を掛けてあげれば
ほぼ100%、気持ちよくまた歩き出してくれるのに。

今日のヘルパーさんは気付いてくれたかな・・・。
(あぁどこの誰だか知らないけど助かったわー」くらいにしか思ってないのなら
僕は余計なお節介をしただけなんだな。(+_+)




今日もセブンイレブンのお惣菜ひとつ、質素な夕食。
選んだのは「サバの味噌煮」、スーパーで売ってるお惣菜より安いし。
b0326613_23150165.jpg
このまま手鍋で湯煎して温めて皿に開けてみた。何だかきれいだね小料理屋の一品みたい。
b0326613_23161286.jpg
身がホクホクで柔らかい。お箸でつまむと中にまったく骨が無い事に気がつぃた。
b0326613_23171598.jpg
最後の最後まで、骨は入ってなくて。
僕は8月に缶詰のサバ味噌で骨がのどに刺さったまま半月ほど苦しんだのを思い出して
あぁ骨が無くて安心して食べられるのはお年寄りにも絶対いいなと思った。
しまった、このサバ味噌も今日の荷物に入れて送ってやればよかったなぁ・・・。
_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。

__________________________________________________________________________
★日本人に伝えたいこと
世界は日本をどう見ているか(オリジナルバージョン)
__________________________________________________________________________


[PR]

by beach_house_2 | 2018-10-08 23:19 | 日記 | Comments(0)  

平常心。

先日、親父の診断結果が正式に言い渡される前に間に合うようにと
「石上神宮」と「狭井神社」の御守りを速達で送った話は既に書いた通り。

結局診断結果は予想以上に悪い結果だったわけだが。

連休中日の日曜の昼前にピンポンと呼び鈴がなって出てみたら郵便配達員。
手には先日僕が送ったはずの速達封筒が。
彼曰く「宛所の最後の番地が書いてなかったので返されてきました」とのこと。

本当だ、よく見たら千葉市〇〇区 ○○町までは書いてあるのに番地がない。
だけど郵便番号も合ってるし何より親父のフルネームが書いてあるし。
うちの親父はこの町で50年以上も町工場をやってきた町の名士なのに。
そして下の名前がちょっと変わった名前で、およそ同じ名前はない珍名さん。

そして急いで確実に渡したいからこその速達なのに。

3日も遅れてわざわざ戻されてきたよ。400円も払ったのにね。
裏面の僕の名前と住所を見せて「こちらお宅のお知合いですか?」って
ひとこと確認してくれたら「あぁ息子です」て分かっただろうに。
何せ宛名と差出人が同じ苗字なんだからさ。

何だか意地悪されたような、酷く融通の利かない頑固さを感じてイラっとした。

そして、神様(御守り)までもが「お前の願いは無理じゃよ~」って
断られたみたいで無性に悲しかった。親父の手元に届いてなかったんだって。

もちろん番地を書き忘れた自分が悪いんだろうけど
大阪の僕のアパートに来る郵便物や宅配便も時々住所に不備があったり
間違えて書いてあったりするけど手書きで修正されてちゃんと届けてくれるよ。
やっぱり千葉の最終の配達員の融通の利かなさ性格の悪さを感じるな。悪いけど。

この前の神水2リットルと一緒に明日、今度はゆうパックで送ってやるからな。

僕もそんな凡ミスばかりしてるようじゃ狼狽してる証拠だな。
もしクルマで帰省するときには十分気を付けないと。
そんなこともあって無駄に何度も往復して走りたくないな。
親父の前に僕が交通事故で死んでしまったら何のこっちゃわからない。

十分に身辺整理をして忘れ物のないようにして
つまらないことでいちいち大阪に戻って来なくて済むようにしなくちゃ。
そのためにはもう少し冷静に、いろいろ片付けてからだ。

ところで僕自身の健康診断はどうしようかな・・・。

b0326613_01550132.jpg
_________________________________________________________________________
★ブログランキングに参加中
クリックありがとう!にほんブログ村
クリックありがとう!人気ブログランキングへ
クリックありがとう!FC2ブログランキングへ
元祖「びーち はうす」
★ ★ ★
「びーち はうす」オリジナルGOODS。

__________________________________________________________________________
★日本人に伝えたいこと
世界は日本をどう見ているか(オリジナルバージョン)
__________________________________________________________________________


[PR]

by beach_house_2 | 2018-10-08 02:01 | 日記 | Comments(0)